『死神のテスタメント』特設ページ - 萌えAPP

3rdEye 1st Project『BLOODY†ROND』

Google play

1620円(税込)

App Store

1700円(税込)

死神のテスタメントセール
『幻創のイデア』が
大好評発売中の「3rdEye」

大人気ブランドの名作
「死神のテスタメント」が
萌えAPPに登場!
死神のテスタメントバトル
『BLOODY†RONDO』で
大絶賛のバトル演出は
さらに磨きがかかり迫力満点!

緊張感溢れるBGMも戦闘をもりあげる!!

――この圧倒的なエンタテイメントに
釘付けになること間違いなし!
死神のテスタメントキャラクター

死神のテスタメント・ゲーム画面サンプル1 死神のテスタメント・ゲーム画面サンプル2 死神のテスタメント・ゲーム画面サンプル3 死神のテスタメント・ゲーム画面サンプル4 死神のテスタメント・ゲーム画面サンプル5

※画面は開発中のものです。実際のゲーム画面とは異なる場合があります。

死神のテスタメント紹介

『死神のテスタメント』ストーリー

遥か遠い昔の話――

如何なる願いでも叶えられる “黒衣の書” と呼ばれる魔道書が存在していた。
あるモノは巨万の富を手にし、あるモノは不老を手に入れ、時代の権力者となった。
しかし、権力者たちの時代は長くは続かず、突如として “謎の死” を迎え、その存在は消えていった。
時を同じくして、人々の間では “死神を見た” という噂が立ち始める。
権力者たちは死神に命を奪われたのだと……。
そして時が経つにつれ、これらの出来事は人々の記憶から風化していった――

そして現代。
世間では “謎の連続猟奇事件” がテレビで報道され、
同時に “ある都市伝説” の話題も人々の間で噂されるようになっていた。
――ある日、同じ学園に通う学生を街で見かけた浅山瑠依。   
    その学生が消えた先の路地裏、そこで見た光景は――

漆黒を切り裂く月光に照らされた “死神” の姿だった。

『死神のテスタメント』キャラクター

一ノ瀬 結愛

CV:かわしまりの

竹を割ったような爽快な性格で学園では男女問わず人気が高い。 昔から瑠依の隣に住んでいて幼馴染としてお姉さん的な素振りを見せていたが、実際は瑠依のほうが落ち着いて見えるなど、精神的にはほぼ対等な関係。 過酷な稽古故に門下生が瑠依と二人だけになってしまった道場の師範である瑠依の父親から、剣道・居合い等を受けていた過去がある。 才色兼備という言葉が当てはまらない理由があるとすれば、それは意思の強さからくる奔放な言動と、他人の評価を気にしない性格が原因と言える。

「復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である。
 バーイ、ニーチェ」

ヴィヴィ・アルハザード

CV:青葉りんご

二世紀以上昔より老いずに現在の姿を維持し続けている。 長大な鎌を振りかぶり、無慈悲に人を殺戮する姿を目撃されては“死神”と噂され、都市伝説のひとつとして人々の話題作りに一役買っている。 ノルマをこなすが如く効率的に“支配者”を斬り裂くことだけを考え、そこには一切の私情を挟まない。 口封じのため瑠依の命を狩り取ろうとするが、寸前のところで姿を消す。 戦場の中心で暴れる彼女の真意を知る者は、いない。

「ここから先は死の境界線。一般人お断りだ」

鷹宮 歩

CV:草野花恋

父親を失くし一人身となった瑠依を快く迎え入れた『牛々神社』一人娘でもある。 最近では年頃の女の子らしく恥じらいを持とうとするが、あまり上手くいく様子はない。 生まれた家柄から、やがては父親と同じ神道を辿らなければならない定めにある。 日々、巫女として修行に励んでいる……と断言できるほど真面目に打ち込んでいるようには見えない。 『牛々神社』と“死神”は浅からぬ因縁関係にあるらしい。

「お兄ちゃんがどうしてもって言うなら、
 あゆはオールオッケーだし♪」

向ヶ丘 夏奈

CV:秋野花

長らく病気で休学していたが、ある日を境に復学して瑠依と同じクラスになった。 瑠依が“死神”の存在を知ってしばらくした後、夏奈も『牛々神社』と同じく“死神”と深い関わりのある組織に属しているとわかる。 鞄の中に忍ばせているショットガンを用いて“支配者”に対抗する。 強行派組織の一員だと知り警戒する瑠依をよそに、本人は至って普通の態度をとっている。 組織の思惑と夏奈の目的は必ずしも同じではないようだが……?

「メール……使ってほしい……」

イリーナ・E・トルスタヤ

CV:桃井穂美

育ちの良い品のある立ち振る舞いをするが、時折、意図的にエロスを振り撒く変態な面がある。 周囲から浮いたゴスロリ服が扇情的な性格を象徴している。 針を用いた技術 (縫合や刺繍) を得意とし、自作した人形を亡き母親の名前で呼んでいる。 人形の分の食事を用意したり話しかけたりと、過度なコミュニケーションを取る姿はどう控えめに言っても他者依存型倒錯者。 過去に “死神” と出会ったことがある。

「くしくし。上手にエスコートして頂けたら
 たっぷり“お礼”して差し上げますよ」

【商品仕様】
コンテンツ名 死神のテスタメント ~menuet of epistula~
ジャンル 現代伝奇サスペンスバトルADV
原画 蒔田真記/榊MAKI
シナリオ 四万十川清流/不死鳥/青木きりん
Androidアプリ版 iPhoneアプリ版
価格 1620円(税込) 価格 1700円(税込)
対応機種 Android 2.1以上
スマートフォン,タブレット両対応
対応機種 iOS 4.3以上
備考 フルボイス/全年齢版

Google play

1620円(税込)

App Store

1700円(税込)